個性学 12分類

個性學の基本である3分類「人志向」「城志向」「大物志向」。

これらがそれぞれ4つに細分化し、12分類となります。

【人志向】

自然型:自然体でいたい。努力や根性は苦手
先端型:新鮮な感覚を持ち、即断即決で時代を先取りする行動派
実績型:一流、本物志向。経験したものが力になる
配慮型:情報通で客観的だが判断は悲観的。気配りの人

【城志向】

独自型:ナンバー1を目指して、誰の真似もしないマイウェイに生きる
実益型:瞬間的な機転がきき、短期勝負に強い。楽しいことが大好き
悠然型:マイペースで基本に忠実。誠意と粘りと平等が信条
夢想型:夢とロマンを見、それを追いつつも堅実に生きる

【大物志向】

敏感型:感覚的で、素早い判断と行動をする。「寄らば大樹の陰」な人
挑戦型:好奇心旺盛、誰もやったことが無いことや可能性に挑戦する行動力抜群の人
完璧型:完璧さを求める忍耐の人。完成度の高さを求める
努力型:努力と根性。不言実行で行動力抜群。プロ意識が強い

ベースは3分類にあり、12分類では、突出した特徴(長所・役割)の違い がわかります。

 

■詳しくは、記事「個性學の12分類を知ろう!全種類の特徴」 で解説しています。

個性學12分類の特徴一覧
個性學の12分類を知ろう!全種類の特徴

続きを見る

 

村上 燿市
12分類を知ると、生まれ持った役割 を理解できます。

下記の関連記事も読んで、理解を深めてみてくださいね!