個性學コラム インタビュー/受講者の声

個性学があったら何ができる?受講者さんの事例をご紹介します

 

こんにちは!「個性學メディア」編集部です。

今回は、「個性學があったら、一体何ができるようになるの…?」という疑問に、少しでもお答えできたらと思います。

受講者さんからいただいた文を一部抜粋してご紹介しますので、ヒントになれば幸いです。

 

この記事はこんな方におすすめです

  • 個性學を学んでみようかな…と関心を持っている方
  • 人間関係・仕事・キャリア・経営において、状況を良くしたくて漠然と悩んでいる方

 

「人志向」受講者さんの事例

人志向とは?


「人志向」は常に相手軸で考え、信頼を大切にし、みんなと仲良く生きていきたいと思っています。

 

人に対するイライラがほとんどなくなった

ひと言で言うと、人に対するイライラがほとんどなくなった

個性學で、その人の生き方・仕事の進め方・役割・得意不得意・行動特性がよくわかるので、自分と違った振る舞いを認めることができる。

 

■会社での組織づくりが適切に行えるようになった

社員に電話営業や訪問を担当させるときに無理をさせなくなり、配置転換や役割分担(リスク/希望、フォワード/フィードバック、現場/非現場、突撃隊長等)で、本人も上司もストレスが少なくなった。

何より社長の私が楽になった。

また人材募集をする時に、採りたい役割に応じたフレーズで呼びかけると効果抜群。

個性學を知る前は、ほぼ全て自分と同じ個性が集まり採用していた。

しかし私(人志向)には城志向がいいので、その通りの人材が採用できるようになり、その後の事業の発展に大いに役立った。

 

■夫婦関係がうまくいっている

私と妻は、全く正反対の個性。

特に妻は束縛が大嫌い。私も束縛は好きではないが、個性學を知って納得した。なにより相性を知って、さらに納得。

 

■人付き合いがしやすくなった

ストレスの多くの原因は人間関係です。

家庭でも会社や社会でも、まず始まりは、人との出会い。

場合によっては、会う前から相手のことがわかるのは個性學ならではです。

またどうしても合わない人はさりげなく遠ざけることができ、取引する会社(社長の個性)の選定や、新規事業を開始するチーム作りなどで個性學は欠かせません。

つまり人付き合いから始まり、会社の組織づくりや、事業の進め方、新規事業などでもストレスが少なく、イライラすることがほとんどなくなりました。

(経営者/男性/人志向)

 

「城志向」受講者さんの事例

城志向とは?

「城志向」は、人生を楽しむことを大切にし、好きな時に好きなことを好きなだけやっていたいと思っています。

 

個性學があったから、周りの人にアドバイスを喜ばれ、問題を解決できた

義理の弟から、「東京から実家に戻ることを決めたが、今後の仕事などの方向性をどうしたら良いか」と相談を受けたので、個性學を使って初めて自分なりに仕事のアドバイスを伝えました。

弟からは、「とても勇気が持てました!ありがとうございます」と感謝の言葉をもらえて嬉しかったです

また、仕事で新人さんから先輩への不満のことで悩み相談を受けたので、個性學を使って、お互い(先輩と新人さん)の相性を確認しました。

そして受講生の仲間や先生方にも話を聞いてもらい、そのアドバイスをもとに、新人さん・先輩・上司を含めて話をしました。

問題は無事に解決でき、お互いの違いや不足していたところを認め合い、今は仲良く仕事ができています

上記のことは、個性學があったからこそ伝えられ、向き合い方が明確になって解決に導けたのだと思います。

違いを認めて勇気付けできたり、元気になれる人を周りにたくさんつくれたら楽しいと思うので、学びを深めて活用していけたらと思います。

(金融/女性/城志向)

 

個性や才能は「役割」だと知ることができた

私は自分の個性や才能を探してここ2~3年間、さまよいもがいていました。

個性學があったお陰で、私の持っている個性や才能は、どのような職業であっても活かしていける役割だと知ることができました。

外にばかり意識を向けるのでなく、足りないところを埋めるのでもなく、いまここで自分の才能を試してみることで拡がり、つながっていく。

そのような感覚をつかめました。

また個性學では強みや弱みもわかりますが、弱みでさえも否定的に捉えない ということができるようになりました。

人間関係においても、相手を「理解する」という感覚に陥っていましたが、家族でさえも個性が違うと理解しがたいということも学べました。

個性學によって、相手を「理解する」から「個性を認める」「個性に興味を持つ」に意識を変えれば、必要以上の人間関係の悩みやストレスから抜け出せると思います

AIやインターネットが発展して人間関係が希薄になるなか、他者との共存の武器にもなるのが個性學です。

まだまだ奥深く学ぶ必要はありますが、勝手な決めつけをせずに有効に活用していきたいです。

(教育/女性/城志向)

 

「大物志向」受講者さんの事例

大物志向とは?

「大物志向」は、大きな目標にチャレンジして自分の可能性を試したい、いつも元気で輝いていたいと思っています。

 

個性學に出会ってから、まだまだやりたいことができて毎日が充実した

もしも個性學が無かったら、「もうこの歳だから…」と何かに取り組む気持ちもなく、なんとなく毎日をすごす日々だったかもしれません。

個性學に出会い、自分の個性を知れたことで、まだまだやることがある、やれることがある。そしてやりたいことができて、毎日が楽しく充実しています

苦手だと思っていたことが、個性を知ってやれるようになり、常に挑戦し続けています。

また自分を知って、そして相手を知ることで、今まで「なんでこの人は、この子は」と思っていたことが、その人の個性を知ってつき合い方がわかり、心を大きくして付き合えるようになりました

個性學を知らなければ、その人との関係はいつまでもギクシャクしたものだったかもしれません。今は良好な関係で付き合えています。

(自営/女性/大物志向)

 

個性學に触れられるおすすめの講座

いかがでしたでしょうか?

「人生を良くするメソッドを知りたい」「個性學に気軽に触れてみたい」という方には、こちらの体験講座もおすすめですよ。

しあわせの力学/個性學 オンライン体験120分

  • 満足度96%
  • 「楽しくて、わかりやすい」と好評
  • 受講者数4,000人以上に教えたトレーナーが担当
  • オンラインで体験できる
  • 特別価格5,000円とお得
【初めての方へ】しあわせの力学/個性學 オンライン体験120分(zoom) | Coubic
【初めての方へ】しあわせの力学/個性學 オンライン体験120分(zoom) | Coubic

coubic.com

 

”ホントの自分”に出会って自分らしくイキイキと輝き、自分だけでなく周りや社会をも幸せにしてくれる人が、一人でも増えたらいいなと願っています。

 

\2週間無料トライアル/

アプリ「個性學ONE」で詳しい個性診断!

気になる人の個性も無制限で調べられます!

\ただいま無料プレゼント中!/

あなたの「個性學レポート」をお届けします

今すぐ受け取る

自分の「内面・外面」(3分類・12分類)がわかります。

-個性學コラム, インタビュー/受講者の声
-