有名人・芸能人の個性 人志向

「人志向」が夢・チャンスを掴むには?「アンパンマン」原作者やなせたかしさんに学ぶヒント

こんにちは!「個性學メディア」編集部です。

 

個性學では、大きく分けて3つの個性(3分類:人志向城志向大物志向)がありますが、

「成功する秘訣」「夢・チャンスを掴む方法」は、個性によって異なります

 

編集部
自分の個性(3分類)を知れば、自分に合った「成功の秘訣」「夢やチャンスを掴む方法」がわかるんですよ!

 

「これまでいろいろな成功ノウハウを実践して頑張ってみたけれど、どうしたらいいかわからない…」という方は、

自分の個性(3分類)を知り、その個性に合った方法を実践することが、夢を掴む最短ルートです。

 

今回の記事では、3分類のひとつ「人志向」さんにとっての "夢やチャンスの掴み方のヒント" を「それいけ!アンパンマン」の原作者・やなせたかしさんの生き方から学んでいきます。

 

■自分の3分類を知る方法

無料 個性診断
無料で個性学の診断!個性學レポート

続きを見る

 

「アンパンマン」原作者・やなせたかしさんの個性「人志向 配慮型」

やなせたかしさんは、1919年2月6日生まれ。

「人志向 」です。

 

「人志向」の特徴

個性學 3分類 人志向
個性學「人志向」の特徴とは?

続きを見る

 

「人志向」らしいチャンスの掴み方

やなせたかしさんは、20代の頃から漫画家を目指していました。

「アンパンマン」が絵本になったのは54歳、誰もが知る国民的アニメ「それいけ!アンパンマン」がヒットしたのは、70歳直前の頃だったそうです。

 

僕は本当の道がどれか、よく分からないまま生きてきた。

「アンパンマン」に巡り合い、子供の本を描くのが自分の仕事かなあと思ったのは、60歳を過ぎてから。

(2010年5月 毎日新聞より抜粋)

 

「自分のやるべきことは何か?」

その問いに向き合い続け、60歳を過ぎてようやく自分の仕事に出会い、70歳直前で世に出たやなせたかしさんは、90歳を超えてからも精力的に活動されました。

その人生と、「人志向」の個性は、どのように影響し合っているのでしょうか。

 

1)頼まれた仕事になんでも応えていく

30代半ばで、漫画家として独立したやなせたかしさん。

独立当初は順調だったものの、なかなか世に認められませんでした。

そのため、頼まれた仕事はなんでもこなした そうです。

編集者、舞台美術家、演出家、司会者、コピーライター、作詞家、シナリオライターなど、ジャンルを問わず手掛けていきます。

なんでも対応できるうえに、「急ぎで何とかしてほしい」といった便利屋さん的な案件にも応えていたことから、「困ったときのやなせさん」と言われていたそう。

しかし、頼まれた仕事からまた新しい出会いに恵まれ、仕事が途切れることはなかったそうです。

 

ポイント

頼まれたことはなんでもこなしていたら、仕事が途切れなかった。

 

2)意外な仕事からチャンスが舞い込む

漫画家を目指していたやなせたかしさんが、絵本作家になるきっかけとなったのは、意外な仕事でした。

ジャンルを問わず、頼まれた仕事をなんでもしていたやなせさん。

ラジオドラマのシナリオを書く仕事をしていたときのことです。

 

ある日、頼んでいた作家のシナリオが期日に間に合わないということで、急遽「なんでもいいから明日までに書いてください」とディレクターから電話があったんです。

急な依頼でテーマを考えている時間もなく、コントとして書いていた『やさしいライオン』を30分のドラマに仕上げました。

これが意外と評判がよかったので、縁あってフレーベル館から絵本として出版されることになりました。

https://mi-te.kumon.ne.jp/contents/article/12-47/

 

急遽書いたラジオドラマ「やさしいライオン」が評判となり、絵本として出版されヒット。

この絵本のヒットがきっかけとなり、子供向け絵本の仕事が増えはじめたそうです。

意外な展開ですよね!

 

ポイント

ジャンルを問わずなんでも受けていたら、意外なチャンスがやってきた。

 

常に"相手軸"の「人志向」は、人からチャンスがやってくる

「人志向」さんの大きな特徴に、以下のようなものがあります。

人志向の大きな特徴

  • 誰かの役に立てるときに自分の存在価値を感じ、充実感や幸せも感じる
  • 「ぜひあなたに依頼したい」と言われると、なおさらやる気になる
  • 信頼される人を目指し、信頼関係を重視した決断や行動をする
  • 誠実な仕事ぶりが実積となり、さらなる人の縁やチャンスがもたらされる

 

常に 相手軸 で考える「人志向」だからこそ、「自分が何がしたいか?」が明確でなかったとしても、積み上げた信頼によって人から引き上げてもらったり、チャンスをもらいながらステップアップしていきます。

まさに、やなせたかしさんの生き方そのものですね。

 

日々向上型:続けることでチャンスを掴む

70歳を目前にして、ようやく世に出てきたやなせたかしさん。

その人生が伝わるような言葉があります。

 

人生は椅子取りゲーム。

満員電車に乗り込み、 あきらめて途中下車せずに立ち続けていたら、あるとき目の前の席が空いた。

https://shuchi.php.co.jp/article/1056

 

やなせたかしさんの個性は、3分類を細分化した6分類では「日々向上型」です。

6分類「日々向上型」

  • 昨日より今日、今日よりも明日と日々向上することを大切にする
  • 日々向上できる環境を望み、自分が成長できていることに喜びを感じる
  • 行動力の強みを活かし、圧倒的な経験値を積むことで価値を高めていく

 

やなせたかしさんの場合も、漫画家(絵を描くこと)を諦めることなく、ひたすら現場に立ち続け、幅広い経験値を重ねてきました。

個性そのままに、自分らしく努力を積み上げてきたからこそ、チャンスが到来したときに、しっかりと掴めたのではないでしょうか。

 

チャンスを掴むには、個性に沿った生き方をしよう

やなせたかしさんは、こんな言葉も残しています。

 

人間が一番うれしいことはなんだろう?長い間、ぼくは考えてきた。
そして結局、人が一番うれしいのは、人をよろこばせることだということがわかりました。
実に単純なことです。ひとはひとをよろこばせることが一番うれしい。

https://shuchi.php.co.jp/article/1056

 

「人を喜ばせたい」。

相手を想う「人志向」らしい喜びを胸に、「愛と勇気」という大切なメッセージを届け続けてくれたやなせたかしさん。

 

その言葉の数々には、「人志向」ならではの「夢・チャンスの掴み方」のヒントが詰まっていました。

 

諦めることなく、自分の個性を生き続けることで必ずチャンスが回ってくることを、伝えてくれているようですね。

 

まとめ:「人志向」さんが夢・チャンスを掴むヒント

常に「相手軸」の人志向さんだからこそ…

頼まれた仕事になんでも応えていく

→ 誠実な仕事ぶりで仕事が途切れない・意外なチャンスが舞い込む!

 

チャンスの掴み方は、個性によって異なります。

誰かの正解を真似することなく、個性に沿った生き方をしていくことで、遅かれ早かれチャンスを掴むことができます。

 

さて、あなたはどのような個性を持って生まれてきましたか?

個性學3分類(人志向城志向大物志向)のどれに属するかによって、成功を掴む方法は全く異なります。

 

「自分の個性を知らない!」という方は、まずは、無料:個性學レポート で自分の個性を調べてみましょう。

そのあとは、個性學体験個性學セッション で、あなたの「個性」を活かす生き方を深く学んでみてくださいね!

 

\2週間無料トライアル/

アプリ「個性學ONE」で詳しい個性診断!

気になる人の個性も無制限で調べられます!

\ただいま無料プレゼント中!/

あなたの「個性學レポート」をお届けします

今すぐ受け取る

自分の「内面・外面」(3分類・12分類)がわかります。

-有名人・芸能人の個性, 人志向
-, , , , ,